五節句 「 重陽の節句 」

9月9日の今日は重陽(ちょうよう)の節句です。

重陽は、五節句の一つで、旧暦では菊が咲く季節であることから「菊の節句」とも呼ばれます。

中国では古くから奇数を「陽数」として神聖視しており、奇数の中でも最も大きい数である

“9”が2つ重なるこの日を「重陽」と呼んで特にめでたい日とされてきました。

 

中国では、菊の花は仙界に咲く聖なる花とされ、その菊のエキスが谷川に染み入り、

里の下流に住む者たちは長寿を保ったという故事があります。

そのことから、菊の花弁を浮かべた酒を飲んで不老長寿を願う風習が生まれました。

重陽の節句には、長寿と無病息災を願って菊の花を飾ったり、菊酒を酌み交わします。

 

また平安時代には、重陽の節句の前日に、美しく咲いた菊が夜露に濡れないように、

赤、白、黄の花の色に合わせて染めた真綿で花を覆って、菊を夜露から守った

「菊の被せ綿(きせわた)」という風習がありました。

節会の当日、花から外された色とりどりの真綿には、ほんのり花の香りが移っていて、

この綿で、顔や手足をぬぐえば、永遠の若さが保てる、長生きすると信じられていました。

 

重陽の節句は江戸時代、武家社会の中で最も重要な行事の一つでしたが、

明治以降新暦に変わると、季節感が大幅にずれてしまったため、

今ではあまり行われなりました。

現在は、菊の開花に合わせた10月から11月にかけ、各地の神社などで

「菊まつり」が行われています。