「 中秋の名月 ( 十五夜 ) 」

今日は中秋の名月です。

中秋の名月は、十五夜とも呼ばれ、旧暦8月15日に見える月を意味します。

 

秋は、最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされていたため、

平安時代から十五夜には観月の宴が開催されてきました。

当時は貴族だけの習慣で、庭に池を掘り、月影を映して楽しんだそうです。

江戸時代には、その宴と秋の収穫を感謝する祭事が合わさって一般に広まり、

今の「お月見」が形成されていきました。

 

ところで「中秋の名月」は「仲秋の名月」とも書かれますが、その違いをご存知でしょうか。

春夏秋冬はそれぞれ3ヶ月ずつとなりますが、この3ヶ月を順に「初・仲・晩」と呼びならします。

例えば旧暦での春1月・2月・3月は初春・仲春・晩春となり、

同様に、秋7月・8月・9月は初秋・仲秋・晩秋となります。

なので、一般に「仲秋」は旧暦8月全体を指し、「中秋」は仲秋の更なる中心の日として、

旧暦8月15日のみを指します。

「仲秋の名月」は、十五夜の月に限定されないことになり、名月といえば満月なので、

話の意味合いからは、「中秋の名月」のほうが秋のお月見には近い感じがします。

 

明治以降、古くから旧暦で行われていた、端午の節句や七夕などの行事の多くが、

新暦へと移行していきました。

ですが、中秋の名月は月の満ち欠けをベースにしているため今も変わらず旧暦です。

そのため毎年日付が変わり、9月中旬~10月上旬の間に中秋の名月がやってきます。

ちなみに2014年は9月8日でしたが、2015年は9月27日、2016年は9月15日となります。