七十二候・第四十一候 「天地始粛 (てんちはじめてさむし)」 8/28~9/2

七十二候が処暑の次候に変わり、ようやく暑さがおさまり始める頃となりました。

「粛」は縮む、しずまる、弱まるという意味で、
夏の気が落ち着き、万物が改まる時季とされています。

秋の空

天気図には秋雨前線が登場し、北の方から冷たい空気を運んできます。

北国や山などではこれから急速に季節が動き始め、
平野部でも少しずつ秋へ向かう気配が感じられます。

涼風が心地よく大地に吹き渡ると、実りの時はもう目前です。