七十二候・第三十六候 「大雨時行 (たいうときどきふる)」 8/2~8/6

七十二候が大暑の末候へと変わりました。

「大雨時行」は夏の最後の候で、集中豪雨や夕立などの夏の激しい雨が降る頃です。

青空にむくむくと湧き上がる入道雲が突然の雷鳴とともに激しい夕立に変わり、
乾いた大地を潤します。

入道雲とひまわり

この時季多い夕立は、低気圧などによる長く広く降る雨ではなく、
その場その時限りの局地的な雨です。

「夕立は馬の背を分ける」ということわざは、
馬の背の半分は雨が降っているのにもう半分は濡れてもいないという意味で、
ある場所では夕立が降っているのに、ごく近い場所では晴れている様子を表します。