七十二候・第三十五候 「土潤溽暑 (つちうるおうてむしあつし)」 7/28~8/2

七十二候が大暑の次候へと変わり、熱気がまとわりつくような蒸し暑い頃となりました。

土が強い陽気を受け熱を発することや、熱そのものを「土熱れ(つちいきれ)」
といいますが、まさにこの時期の蒸し暑さを体現している言葉といえます。

また、じっとりと蒸し暑いことを表す「溽暑(じょくしょ)」は、陰暦6月の異称にもなっています。

夕焼けに染まる紅花畑(山形県)

よくニュースや新聞などで耳にする「夏日」や「真夏日」。

この「夏日」とは最高気温が25度以上の日、「真夏日」は30度以上の日のことを指しています。
加えて2007年からは、35度以上の日を「猛暑日」と呼ぶようになりました。

またこの時期、夜になっても気温が下がらず、寝付けない日がありますが、
このような一日の最低気温が25度以上の日は「熱帯夜」と呼ばれ、
真夏日や真冬日とともに、気候の統計値に用いられています。