七十二候・第三十一候 「温風至 (あつかぜいたる)」 7/7~7/12

七十二候が小暑の初候に変わり、熱い風が吹き始める頃となりました。

この時節の前後に梅雨が明けますが、
梅雨明け頃は、湿った暖かな空気が流れ込みやすいため雷雲が発生しやすく、
突然の雷雨、突風が起こることも。

また、強い日差しと共に気温が一気に上がるので注意が必要な時季でもあります。

真夏のモロコシ畑

「温風至」の温風とは、梅雨明けの頃に吹く南風のことで「白南風(しろはえ)」と呼ばれます。
ちなみに梅雨の間に吹く南風は「黒南風(くろはえ)」です。

どちらも亜熱帯から吹く暖かく湿った風ですが、雨雲が覆う梅雨空では黒、
さわやかな青空の下では白と、風にも色をつけて言い表しました。

これから日に日に暑さが増していきます。