七十二候・第三十候 「半夏生 (はんげしょうず)」 7/2~7/6

七十二候が夏至の末候に変わり、半夏が生え始める頃となりました。

「半夏」とはサトイモ科の「烏柄杓(からすびしゃく)」の別名で、
この頃、山道や畑などに生え始めます。

カラスビシャクは「狐のろうそく」、「蛇の枕」とも呼ばれ、
名前のとおり、ひょろっと不思議な形をしています。

烏柄杓(カラスビシャク)

「半夏生(はんげしょう)」は、七十二候であるとともに、雑節のひとつにも数えられます。

かつて半夏生は、夏至から数えて11日目とされていましたが、
今では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日になっており、
毎年7月2日頃にあたります。

半夏生は、農家にとっては大切な節目の日とされ、農家はこの日までに田植えを済ませ、
このあとは田植えをしないという風習があります。

「半夏生前なら半作とれる」という言い伝えは、田植えが遅れても半夏生の前なら
平年の半分までは収穫できるという教えです。