七十二候・第七十一候 「 水沢腹堅 ( さわみずこおりつめる ) 」 1/25~1/29

七十二候が大寒の次候に変わり、厳しい寒さで沢の水さえも凍る頃となりました。

大気の冷えがまさに底となるこの時期、池や沼の水面の氷は、
溶けたり凍ったりを繰り返しながら厚みを増していきます。

白川氷柱群(長野県木曽郡木曽町)

その年の最低気温が観測されるのも、この頃が一番多く、氷点下に達する地域も多くみられます。

ちなみに寒さの日本記録は-41度で、明治35年1月25日に旭川市で観測されました。
反対に、暑さの日本記録は高知県四万十市の41度です。