七十二候・第四十七候 「 蟄虫坏戸 ( すごもりのむしとをとざす ) 」 9/28~10/2

七十二候が秋分の次候に変わり、寒さを覚えた虫たちが地中に姿を隠す頃となりました。

今回の候は、啓蟄の初候「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」と対になっています。
夏が終わり、外で活動していた虫たちは寒さの到来を察知して、冬ごもりの支度を始めます。

チョウ

蝶の幼虫はさなぎになって寒さに備え、クワガタやテントウ虫は成虫のまま
木の根元や土の中にもぐり静かに春を待ちます。

そして来年の春、啓蟄(けいちつ)の頃になると再び姿を現します。