二十四節気 「 秋分 ( しゅうぶん ) 」 9/23~10/7

秋分

二十四節気が白露から秋分へと変わりました。

秋分は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜の長さがほぼ同じになる頃です。

太陽が極楽浄土があるという真西に沈み、先祖と通じ合える日とされていることから、
秋分の日を中心とした一週間は、お墓参りをする習慣があります。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、日中の暑さも、
秋分の頃には和らぎ始め、秋の気配も深まっていきます。

野には薄の穂が顔を出し、空には秋雲がたなびくようになり、
本格的な秋の訪れを感じられる季節です。

これから次第に日が短くなり、秋の夜長に向かいます。