七十二候・第四十三候 「 草露白 ( くさのつゆしろし ) 」 9/8~9/12

七十二候が白露の初候に変わり、野の草に降りた朝露が白く光って見える頃となりました。

露は夏から秋への季節の変わり目など、朝晩の気温が下がる日によく見られ、
秋の季語ともなっています。

朝露

「露が降りると晴れ」という天気の諺をご存知でしょうか。

露は、空気中の水蒸気が冷やされてできるもので、風と雲がない晴れた夜に、
地上の熱が上空に逃げる「放射冷却」という現象によって発生します。

昼間に太陽熱によって蓄えられた地上の熱は、夜になると太陽光が届かなくなり、
空に向かってどんどん逃げて行きます。

夜間雲がある場合は、地上から逃げ出す熱をある程度雲が防いでくれますが、
雲がない夜は、熱はそのまま宇宙へと放射され、地表温度は下がっていきます。

そして、1日のうちで最も気温が下がる明け方になると大気が冷え込み、露を結ぶというわけです。

もちろん、夜の間中雲一つなかった空は高気圧に覆われ、
安定した気圧配置になっていることが多いので、
昼になってもその天気は変わらず晴れのままです。

このため、昔から「露が降りると晴れ」と言われてきました。