七十二候・第二十一候 「 竹笋生 ( たけのこしょうず ) 」 5/16~5/20

七十二候が立夏の末候に変わり、タケノコがひょっこりと顔を出す頃となりました。

やや遅く感じられるかもしれませんが、実はタケノコにも種類があり、
収穫期も少しずつずれてきます。

最も多く出回っている中国原産の孟宗竹は春先の3月中旬から、
日本原産の真竹は5~6月に旬を迎えます。

ですので「竹笋生」の竹笋とは、真竹だと考えられています。

たけのこ

竹冠に旬と書く筍は、まさに旬を感じる野菜の代表。

その旬は非常に短く、食べごろは土から顔を出してからわずか10日程と言われ、
上旬、中旬、下旬と、月を10日間に分けるのも、筍の旬からきているそうです。

成長したたけのこ

タケノコとはご存知のとおり竹の芽の部分です。

すくすく育つようにと、お食い初めの縁起物のひとつにもなっていますね。
タケノコの成長スピードは、2~3ヶ月で20メートルもの高さになり、
ピーク時には1日に80~100センチも伸びるといわれています。

竹には60個ほどの節がありますが、この節の数は、タケノコのときから変わらず同じ。
それぞれの節に成長点があり、それらが同時に成長するため、
竹は驚異的な速さで伸びていくそうです。

 
タケノコは掘りたてが一番美味で、
朝掘りの新鮮なものはそのままお刺身でいただけるほど。

掘り採ってから時間が経つほど固くなると共にえぐみが強くなるので、
極力早いうちに調理や下ごしらえを行います。