七十二候・第十七候 「 霜止出苗 ( しもやみてなえいずる ) 」 4/25~4/29

今日から七十二候が穀雨の次候に変わりました。

暖かくなるとともに、霜が降りなくなり、苗が健やかに育つ頃です。
種籾が芽吹き、すくすく青々と伸びていきます。

田んぼの苗

この頃になると、夜間の冷え込みもなくなり、霜も降りなくなります。

とはいえ「八十八夜の忘れ霜」といって、暖かさに霜の心配を忘れかけた4月下旬ごろ、
思わぬ遅霜に見まわれることも。

 
霜は、農業に対する影響が大きく、特に茶葉にとっては大敵です。

日本一のお茶どころの静岡県では、地方気象台が全国で唯一、遅霜予報を行っており、
茶業関係者は、遅霜予報を聞いて防霜ファンの駆動制御やシート掛けなどの対策を行うそう。

10月下旬に二十四節気は「霜降」へと移り変わり、この頃からまた霜が降りはじめます。