七十二候・第十六候 「 葭始生 ( あしはじめてしょうず ) 」 4/20~4/24

葦(あし) - 1

明日から七十二候が穀雨の初候に変わります。

だんだんと暖かくなり、野山だけでなく、水辺の葭も芽を吹きはじめる季節です。

夏には背を伸ばし、秋には黄金色の穂が風になびきます。

葦(あし)と鴨

葦は「葭」とも、「蘆」とも書き、また「あし」は「悪(あ)し」にも通じていることから、
「善(よ)し」とも読まれます。

これは、日本独自の言霊思想に基づく忌み言葉のひとつです。

忌み言葉は、縁起が悪く忌みはばかって使用を避ける語ですが、
他にも梨を「有りの実」、披露宴の終わりなどを「お開き」、すり鉢を「あたり鉢」、
また河童を「旅の人」というものまであります。

 
葦の茎は、竹同様に中が空洞なので、軽くて丈夫です。

葦簀(よしず)や葦笛(あしぶえ)、茅葺き民家の屋根材などとして、
古くからさまざまな形で利用され、人々の暮らしに身近な植物でした。