二十四節気 「 穀雨 ( こくう ) 」 4/20~5/5

明日から二十四節気が清明から穀雨へと変わります。

「穀雨」は穀物に実りをもたらす雨がしっとりと降りそそぐ頃で、
茶摘みが始まるお茶農家や、苗代を仕込む米農家にとって大事な時季です。

春の柔らかな雨に大地は潤い、新芽や若葉はぐんぐん育っていきます。

若葉萌える新緑の季節、木々の緑も雨上がりは一層色鮮やかです。

穀雨(こくう)

「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りることもなくなる」

という言葉がありますが、変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、
次第に日差しも強まりはじめます。

 
穀雨は春の最後の二十四節気。
季節はすでに晩春となり、徐々に夏へと移り変わっていきます。

5月6日から二十四節気は「立夏」となり、暦の上では早くも夏の始まりです。