七十二候・第十五候 「 虹始見 ( にじはじめてあらわる ) 」 4/15~4/19

七十二候が清明の末候に変わり、冬にはなかった虹が現われ始める頃となりました。

春が深くなるとともに、だんだんと空気が潤ってくるので、
この時期から雨上がりに虹を見ることが多くなります。

春の虹 - 1

雲間から差す柔らかな光に、不意に浮かび上がる春の虹。

単に「虹」といえば夏の季語ですが、「初虹」はその年初めて立つ虹を指します。

春は陽の光はまだ弱く、その分夏の虹に比べると淡くはかない虹ですが、
それもまた趣がありよいものです。

春の虹 - 2

11月中旬には「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」という季節があり、
晩秋、陽の光が弱まって虹を見かけなくなる候を表しています。