七十二候・第十四候 「 鴻雁北 ( こうがんかえる ) 」 4/10~4/15

七十二候が清明の次候に変わり、冬鳥の雁が北へ帰って行く頃となりました。

ツバメの渡来とは入れ替わりに、冬を日本で過ごした雁が北のシベリアへと帰っていきます。

鴻雁とは渡り鳥の「がん」のことですが、「鴻」は「ひしくい」と読み、大形のがんを、
「雁」は小形のがんを指しています。

渡り鳥 - 1

群れをなし、連なり飛び去っていく雁。
昔から日本人は、雁の行き来に、趣や季節の移り変わりを感じ、多くの詩歌に詠まれてきました。

「雁」「雁渡る」は秋の、「雁帰る」は春の季語です。

雁は、家紋にも多く使われ、和菓子の「落雁」や、高級茎茶の「雁が音(かりがね)」にも
結び付きがあることから、古くから日本人に親しまれてきたことがうかがえます。

渡り鳥 - 2

ちなみに「雁が音」は、玉露や高級な煎茶の茎の部分を集めたお茶(=茎茶)のことで、
玉露の旨味と茎茶独特の風味を味わえます。

昔話に雁は海で休むための枝をくわえて渡りをするという言い伝えがありますが、
その枝とお茶の茎をかけたのが「かりがね」の名の由来と言われています。

渡り鳥 - 3

10月上旬には「鴻雁来(こうがんきたる)」という季節があり、
春に帰っていった雁がその頃また日本へとやってきます。