二十四節気 「 清明 ( せいめい ) 」 4/5~4/19

二十四節気が春分から清明へと変わりました。

清明とは「清浄明潔」の略で、春の清らかで生き生きとした様子を表しています。

木々の若葉がいっせいに芽吹き、あふれるように花が咲き、
やわらかな春風と明るい日差しに万物が清らかに明るく感じられる季節です。

清明(せいめい)

この頃になると、桜前線が東北地方や北陸地方にまで到達し、
日本各地で桜の花が咲き誇ります。

また、沖縄では「清明祭(シーミー)」といって、墓前に親族が集まり、
お酒やお重を供えた後、皆でご馳走をいただく習慣があるそうです。

この「清明祭(シーミー)」は中国から伝わったとされ、
お盆、正月と並ぶ沖縄の三大行事の一つにもなっています。

 
4月20日から二十四節気は、「穀雨(こくう)」へと変わり、
穀物に実りをもたらす雨がしっとりと降りそそぐ季節がやってきます。