七十二候・第十二候 「雷乃発声 (かみなりすなわちこえをはっす)」 3/30~4/3

七十二候が春分の末候に変わり、初雷が鳴り出す頃となりました。

2月4日の立春後に初めて鳴る雷のことを「初雷」、春に鳴る雷を「春雷」と呼びます。

雷といえば夏に多いものですが、「春雷」は夏の雷と違って激しくはなく、
一つ二つ鳴ったかと思うと、それきり止んでしまいます。

今回の候は、秋分の初候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」と対になる候です。

尾瀬・雨雲の中をゆく

“七十二候・第十二候 「雷乃発声 (かみなりすなわちこえをはっす)」 3/30~4/3” の続きを読む

七十二候・第十一候 「桜始開 (さくらはじめてひらく)」 3/25~3/29

七十二候が春分の次候に変わり、桜の花が開き始める頃となりました。

うららかな春の陽気に誘われて、あちらこちらで開花が始まるこの時季、
全国各地から桜の開花が聞こえてきます。

「花」といえば桜をさすほど、桜が大好きな日本人。

いよいよ待ちに待ったお花見の季節の到来です。

桜の花

“七十二候・第十一候 「桜始開 (さくらはじめてひらく)」 3/25~3/29” の続きを読む

七十二候・第十候 「雀始巣 (すずめはじめてすくう)」 3/20~3/24

七十二候が春分の初候に変わり、雀が巣を作り始める頃となりました。

昼の時間が少しずつ伸びる春から夏にかけては、雀にとっての繁殖期で、
早朝から夕方まで、枯草や毛をせっせと集めて、巣作りを始めます。

「雀の巣」、そして春に生まれた雀のひな鳥「雀の子」は春の季語。

ひなはくちばしが黄色いので、黄雀とも。

雀 (すずめ)

“七十二候・第十候 「雀始巣 (すずめはじめてすくう)」 3/20~3/24” の続きを読む

二十四節気 「春分 (しゅんぶん)」 3/20~4/3

3月20日は二十四節気の一つでもある春分です。

昼と夜の長さがほぼ同じになる頃で、この日を境に夏至までの間、
徐々に日脚が伸びていきます。

ヨーロッパなどでは、春分をもって春の始まりとしているそう。

桜の開花情報が聞かれるのもこの頃からで、いよいよ本格的な春の到来です。

春分 2017

“二十四節気 「春分 (しゅんぶん)」 3/20~4/3” の続きを読む

七十二候・第九候 「菜虫化蝶 (なむしちょうとなる)」 3/15~3/19

七十二候が啓蟄の末候に変わり、菜虫が蝶になり、飛び交い始める頃となりました。

菜虫とは、大根や蕪などの葉を食べる青虫のことで、一般的には蝶の幼虫などを指します。

菜の花が咲いて、蝶が舞い始めるといよいよ本格的な春の到来です。

蝶 (ちょう)

“七十二候・第九候 「菜虫化蝶 (なむしちょうとなる)」 3/15~3/19” の続きを読む

七十二候・第八候 「桃始笑 (ももはじめてわらう)」 3/10~3/14

七十二候が啓蟄の次候に変わり、桃のつぼみがほころび、
花が咲き始める頃となりました。

昔は花が咲くことを「笑う」と表現しました。

「山笑う」とは春の季語で、芽吹き始めた華やかな山の形容です。

桃の花

“七十二候・第八候 「桃始笑 (ももはじめてわらう)」 3/10~3/14” の続きを読む

七十二候・第七候 「蟄虫啓戸 (すごもりのむしとをひらく)」 3/5~3/9

七十二候が啓蟄の初候に変わり、地中で冬ごもりしていた虫たちが、
暖かい春の気配を感じて姿を現し始める頃となりました。

昔の人は、冬のあいだ土の中にいた虫たちが「戸」つまり穴を開いて顔を出すと表現しました。

蟻

“七十二候・第七候 「蟄虫啓戸 (すごもりのむしとをひらく)」 3/5~3/9” の続きを読む

二十四節気 「啓蟄 (けいちつ)」 3/5~3/19

二十四節気が雨水から啓蟄へと変わりました。

この頃になると、大地も暖まり、春の陽気に誘われて、
冬ごもりしていた土の中の虫たちが動き始めます。

「啓」はひらく、「蟄」は土の中で冬ごもりしている虫という意味ですが、
目を覚ますのは虫だけではありません。

啓蟄 2017

“二十四節気 「啓蟄 (けいちつ)」 3/5~3/19” の続きを読む