七十二候・第四十七候 「蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)」 9/28~10/2

七十二候が秋分の次候に変わり、寒さを覚えた虫たちが地中に姿を隠す頃となりました。

今回の候は、啓蟄の初候「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」と対になっています。

夏が終わり、外で活動していた虫たちは寒さの到来を察知して、
冬ごもりの支度を始めます。

蝶

“七十二候・第四十七候 「蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)」 9/28~10/2” の続きを読む

七十二候・第四十六候 「雷乃収声 (かみなりすなわちこえをおさむ)」 9/22~9/27

七十二候が秋分の初候に変わり、春から夏にかけて鳴り響いた雷が収まる頃となりました。

今回の候は、春分の末候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」と対になっています。

春分に鳴り始め、秋分に収まる雷、それは稲が育っていく時期と重なります。

そのため、昔の人は稲妻が稲を実らせると考えました。

秋空

“七十二候・第四十六候 「雷乃収声 (かみなりすなわちこえをおさむ)」 9/22~9/27” の続きを読む

二十四節気 「秋分 (しゅうぶん) 」 9/22~10/7

二十四節気が白露から秋分へと変わりました。

秋分は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜の長さがほぼ同じになる頃です。

太陽が極楽浄土があるという真西に沈み、先祖と通じ合える日とされていることから、
秋分の日を中心とした一週間は、お墓参りをする習慣があります。

秋分 2016

“二十四節気 「秋分 (しゅうぶん) 」 9/22~10/7” の続きを読む

七十二候・第四十五候 「玄鳥去 (つばめさる)」 9/17~9/21

七十二候が白露の末候に変わり、春先にやってきたツバメが帰り始める頃となりました。

子育てを終えたツバメは、季節の移り変わりとともに暖かい南の地域へと旅立っていきます。

越冬先である東南アジアやオーストラリアまでは数千キロ。

1日300キロ以上移動することもあるそうです。

つばめ

“七十二候・第四十五候 「玄鳥去 (つばめさる)」 9/17~9/21” の続きを読む

七十二候・第四十四候 「鶺鴒鳴 (せきれいなく)」 9/12~9/16

七十二候が白露の次候に変わり、セキレイが鳴き始める頃となりました。

「チチッチチッ」と鈴のように高い声を放ちながら、秋の空をさわやかに飛んでいくセキレイ。

水辺を好む鳥ですが、民家の軒下などにも巣を作るので、
その鳴き声だけでも聞いたことがある人は多いはず。

ハクセキレイ

“七十二候・第四十四候 「鶺鴒鳴 (せきれいなく)」 9/12~9/16” の続きを読む

七十二候・第四十三候 「草露白 (くさのつゆしろし)」 9/7~9/11

七十二候が白露の初候に変わり、野の草に降りた朝露が白く光って見える頃となりました。

露は夏から秋への季節の変わり目など、朝晩の気温が下がる日によく見られ、
秋の季語にもなっています。

朝露

“七十二候・第四十三候 「草露白 (くさのつゆしろし)」 9/7~9/11” の続きを読む

二十四節気 「白露 (はくろ)」 9/7~9/21

二十四節気が処暑から白露へと変わり、朝の草花に露が宿り始める頃となりました。

昼夜の気温差が大きくなるこの時季は、朝晩に空気が冷やされ露を結びます。

湿度を含んだ空気が冷気に触れてできる水滴は、朝晩の気温が低くなっている証拠です。

白露(はくろ) 2016

“二十四節気 「白露 (はくろ)」 9/7~9/21” の続きを読む