七十二候・第二十二候 「蚕起食桑 (かいこおきてくわをはむ)」 5/20~5/25

七十二候が小満の初候に変わり、卵から孵化した蚕が盛んに桑の葉を食べ始める頃となりました。

ひと月ほど後には白い糸を体の周りに吐き出しながら繭をつむぎ、
この繭から美しい絹糸が生まれます。

旧暦4月は、蚕の成長に欠かせない桑の葉を摘む頃でもあったため、
「木の葉採り月」という別名もあります。

“七十二候・第二十二候 「蚕起食桑 (かいこおきてくわをはむ)」 5/20~5/25” の続きを読む

二十四節気 「小満 (しょうまん)」 5/20~6/4

二十四節気が立夏から小満へと変わりました。

小満は、日の光がいっそうと強まり、万物が生長し、天地に満ち始める頃をいいます。

昨年の秋にまいた麦の穂が育ち、ほっとひと安心することから、
「小さな満足 = 小満」となったともいわれています。

小満 2016

“二十四節気 「小満 (しょうまん)」 5/20~6/4” の続きを読む

七十二候・第二十一候 「竹笋生 (たけのこしょうず)」 5/15~5/19

七十二候が立夏の末候に変わり、タケノコがひょっこりと顔を出す頃となりました。

やや遅く感じられるかもしれませんが、実はタケノコにも種類があり、
収穫期も少しずつずれてきます。

最も多く出回っている中国原産の孟宗竹は春先の3月中旬から、
日本原産の真竹は5~6月に旬を迎えます。

ですので「竹笋生」の竹笋とは、真竹だと考えられています。

たけのこ

“七十二候・第二十一候 「竹笋生 (たけのこしょうず)」 5/15~5/19” の続きを読む

七十二候・第二十候 「蚯蚓出 (みみずいずる)」 5/10~5/15

七十二候が立夏の次候に変わり、冬眠していたミミズが地上に現れ始める頃となりました。

ミミズには目がありませんが、光を感知し、暗がりに進む性質をもっています。

そのため、「目見えず」が転じて「みみず」になったといわれています。

水菜の芽

“七十二候・第二十候 「蚯蚓出 (みみずいずる)」 5/10~5/15” の続きを読む