七十二候・第五十三候 「 霎時施 ( こさめときどきふる ) 」 10/29~11/2

七十二候が霜降の次候に変わり、小雨が思いがけず降っては止む季節となりました。

この小雨とは、秋雨のようにしとしと降り続く雨ではなく、
ぱらぱらと通り雨のように降り、じきに止んでしまうような
「時雨(しぐれ)」のことです。

時雨(長野県・奈良井宿)

“七十二候・第五十三候 「 霎時施 ( こさめときどきふる ) 」 10/29~11/2” の続きを読む

七十二候・第五十二候 「 霜始降 ( しもはじめてふる ) 」 10/24~10/28

七十二候が霜降の初候に変わり、北国からだんだんと初霜が降り始める頃となりました。

晩秋のこの頃、朝晩の冷え込みがぐっと増し、早朝には草木や地面に
うっすらと氷の結晶が付いていることに気付きます。

霜が降りるようなると、地面近くは氷点下まで下がっています。

霜

“七十二候・第五十二候 「 霜始降 ( しもはじめてふる ) 」 10/24~10/28” の続きを読む

二十四節気 「 霜降 ( そうこう ) 」 10/24~11/7

霜降(そうこう)

二十四節気が寒露から霜降へ変わりました。
霜降は、朝露がついに霜に変わる、そんな時季です。

秋もいよいよ終わりが近づき、朝晩の冷え込みが厳しくなるこの頃、
北国や山里では霜が降りはじめますが、平野では12月の初旬頃になります。
草木は枯れ、秋を惜しむかのように山は紅葉で彩られます。

“二十四節気 「 霜降 ( そうこう ) 」 10/24~11/7” の続きを読む

七十二候・第五十一候 「 蟋蟀在戸 ( きりぎりすとにあり ) 」 10/18~10/23

七十二候が寒露の末候に変わり、戸口で秋の虫が鳴き始める頃となりました。

“キリギリス”とありますが、昔は「蟋蟀(コオロギ)」のことをキリギリスと呼び、
秋鳴く虫の総称でもありました。

虫

“七十二候・第五十一候 「 蟋蟀在戸 ( きりぎりすとにあり ) 」 10/18~10/23” の続きを読む

七十二候・第五十候 「菊花開 (きくのはなひらく)」 10/13~10/17

七十二候が寒露の次候に変わり、菊の花が咲き始める頃となりました。

ひと月遅れで迎える旧暦9月9日の重陽の節句は、ちょうど菊の花の盛りのころ。
別名「菊の節句」とも言われ、この日には菊の花を浮かべた菊花酒を飲み、
長寿と無病息災を願う風習がありました。

菊の花 - 黄色

“七十二候・第五十候 「菊花開 (きくのはなひらく)」 10/13~10/17” の続きを読む

七十二候・第四十九候 「 鴻雁来 ( こうがんきたる ) 」 10/8~10/12

七十二候が寒露の初候に変わり、雁が北から渡ってくる頃となりました。

今回の候は、清明の次候「鴻雁北(こうがんかえる)」と対になった候で、
つばめなどの夏鳥が南へ帰るのと入れ違いに、
春に北へ帰って行った冬鳥が再び日本へやってきます。

雁

“七十二候・第四十九候 「 鴻雁来 ( こうがんきたる ) 」 10/8~10/12” の続きを読む

七十二候・第四十八候 「 水始涸 ( みずはじめてかるる ) 」 10/3~10/7

七十二候が秋分の末候に変わり、田んぼの水を抜き、稲穂の刈り入れを始める頃となりました。

井戸の水が枯れ始める頃との説もありますが、稲穂が実りの時を迎えるこの時季は、
畦の水口を切って田を乾かし、稲刈りに備える時季でもあります。

たわわに実る稲穂

“七十二候・第四十八候 「 水始涸 ( みずはじめてかるる ) 」 10/3~10/7” の続きを読む