夏越の祓 ( なごしのはらえ )

今日は6月の晦日、1年のちょうど折り返し地点です。

この日は、各地の神社で夏越の祓が行われます。

 

夏越の祓とは、半年分の罪穢れを祓い、残り半年の無病息災を願う神事です。

大晦日が新年を迎えるための大切な日であったのと同じように、

六月の晦日もまた、物忌みの日、祓いの日と考えられてきました。

昔、宮廷では十二月晦日と六月晦日の年二回、「大祓い」の神事が行われていましたが、

十二月のほうを「年越し」と呼ぶのに対し、六月のほうは「夏越し」と呼ばれました。

 

6月も末に近づくと、全国の多くの神社の境内には、

茅(ちがや)で作った大きな茅の輪(ちのわ)が飾られます。

この輪をくぐると、知らず知らずのうちに溜まっていた半年分の厄と穢れが祓われ、

寿命が延びると言われています。

 

「水無月の夏越の祓をする人は、千歳の命延ぶというなり」と唱えながら、

左回り・右回り・左回りの順に8の字を描くように3度くぐり抜けます。

夏越の祓

茅は原野や河原に群生するイネ科の多年草で、茎と葉は屋根を葺くのに使われます。

戸部民夫『神秘の道具 日本編』によると、茅の輪は魔除けや疫病除けの呪力を秘めており、

その力は、神社の境内で皆がくぐる大きなものに限らず、小さな茅の輪を家の戸口に下げたり、

腕や腰に付けてお守りとすることでも、厄除け、魔よけとして効果があるそうです。

そもそも茅そのものが古くから神を招きよせる標識であり、

魔除けの機能があると考えられてきたそうです。

茅の輪

私は一足早く、先日訪れた京都の貴船神社で茅の輪くぐりをしてきました。

そして、玄関用のミニ茅の輪も買ってきたので、夏の厄除けはばっちりです。

七夕が近かったので、美しい七夕飾りも見られました。

七夕飾り

 

京都へ

先日弟の結婚式があり、京都へ行ってきました。

弟と会うのは実に3年ぶり。

懐かしい顔触れがそろい、また新しい出会いもあり、

終始なごやかハッピームード、いい式でした。

鞍馬

前日には、鞍馬山、そして三千院を訪れました。

枕草子の『近くて遠きもの』にあげられる鞍馬のつづらおりですが、

ゆっくり苔を見ながら歩いていたので、あっという間でした。

苔0

しっとりと美しい苔の表情。

前日に雨が降っていたので、苔日和でした。

人にはあまり喜ばれない湿気ですが、やはり苔には不可欠ですね。

天狗

ところで鞍馬山は天狗と縁のある土地のようです。

霊宝殿では、天狗にまつわるいろんなものが紹介されていました。

天狗のひげ、天狗のつめ、天狗の卵、天狗のらっぱ、天狗の麦飯など・・非常に興味深いです。

そして下り道では、天狗の岩も見つけることができました。

天狗岩

他にも謎のキノコらしきものを発見しました。・・・不思議な姿。

きのこ

山を下った先の貴船では川床料理もいただいてきました。

一品一品手が込んでおり、普段あまり口にできないものもあり、

京都らしい食事を楽しむことができました。

川床料理

三千院にはあじさいを見に行きましたが、何より苔生すじゅうたんが素晴らしかったです。

三千院

七十二候・第二十九候 「菖蒲華 (あやめはなさく)」

夏至も次候へと変わり、菖蒲の花が美しく咲き始める頃となりました。

「いずれあやめか杜若」

これは、どちらも優れていて優劣がつかず、選択に迷うことのたとえです。

言葉通り、非常に姿かたちが似ていて見分けがつきにくいアヤメ、ハナショウブ、
カキツバタですが、まず5月上旬にアヤメから咲き始めます。

続いて5月中旬にカキツバタ、5月中旬から6月下旬になるとハナショウブが咲き出します。

菖蒲は、「あやめ」とも「しょうぶ」とも読むことが出来ますが、
「菖蒲華」の菖蒲は花の咲く時期から、ハナショウブではないかと考えられています。

これら三つの見分けるポイントは花弁のつけを見ることです。

どれも紫色の花をしていますが、アヤメには網目模様、花菖蒲には黄色い菱形模様、
杜若には白く細い模様が入っているのが特徴です。

他に咲いている場所で見分ける方法もあります。

アヤメは乾燥した山野の草地に咲き、杜若や花菖蒲は水辺や湿地に咲きます。

また花菖蒲は葉先が花より上に出ず、中央に葉脈がくっきり見えるのが特徴です。

ここ数日、たっぷり雨がふったおかげが、
庭の花菖蒲もすくすく育ち、つぼみも15個近くできていました。

来週あたりには開きそうです。

七十二候 ・ 第二十八候 「 乃東枯 ( なつかれくさかるる ) 」

夏至の初候は「 乃東枯 ( なつかれくさかるる ) 」、

冬至の初候の「 乃東生 ( なつかれくさしょうず ) 」と対になる候で、

ウツボグサ(靫草)が枯れていく頃を表しています。

 

日当たりのよい山野の草地に群生し、紫色の花を咲かせるウツボグサ。

冬至に芽をだし夏至に枯れることから夏枯草(かこそう)とも呼ばれています。

そして、乃東とは夏枯草の古名です。

 

夏枯草は、古くから洋の東西問わず漢方として用いられてきました。

この生薬を煎じて飲めば利尿、消炎作用があり、

煎液はねんざ、腫物、浮腫の塗り薬として、またうがい薬にも用います。

英名は「all-heal=全てを癒す」。

また和名は、花の形が「うつぼ」という矢を入れる道具に似ていることに由来します。

二十四節気 「 夏至 ( げし ) 」

今日は夏至ですね。

1年の中で、もっとも日が長く、夜が短くなる日で、

昼の12時のときの太陽の高さも、1年でもっとも高くなります。

「夏に至る」と書くように、夏至を過ぎるといよいよ本格的な夏の到来、

これから暑さは日に日に増していきます。

 

夏至は二十四節気のひとつで、1年で一番昼が長く夜が短い”日”であるとともに、

”期間”としての意味もあり、7月6日までの約2週間を指します。

この時期は北の地方ほど、昼の長さが長く、北極に近い北欧などでは、

太陽が一日中沈むことがない「白夜」が起き、夏至祭が盛大に行われます。

南北に長い日本列島でも、北へ行くほど昼の長さが長くなり、冬至の日と比べると、

東京で約5時間、北海道の根室では約6時間半も長くなります。

 

日本では三重県伊勢市の二見浦から見る夏至の朝日が有名です。

一年のうち夏至の前後およそ2週間、天気がよければ、

夫婦岩の間から臨む富士山から朝日が昇る特別な光景を見ることができます。

そのため、この頃は梅雨の真っ最中にも関わらず、大勢の観光客が訪れるそうです。

 

今日はせっかくの夏至なので、7時半頃に庭に出てみたら、

草むしりができるほどの明るさ。

そして、いつもとはちょっと違った庭の風景。

日中は元気よく開いている小豆の芽が、きれいに平行に閉じていました。

小豆の芽夜

 

イチゴジャム

今年の梅雨はまとまった雨が降らず、梅雨寒の日が続いていますね。

今日は友人にたくさんイチゴをいただいたので、ジャムを作ってみました。

イチゴを洗って、ヘタをとって、水気をふいて、砂糖をまぶして、

レモンの果汁をかけて・・・しばし放置。

 

砂糖の量に驚きつつも、レシピ通り忠実に計って入れました。

なにせ初めてのジャム作りなので、途中いろいろと心配でしたが、

じっくりコトコト煮ていると、イチゴの甘くていい匂い。

 

時おり、おなべの中でイチゴがくるっと回りながら、

少しずつ柔らかく透明に変わってきます。

30分もたつと、ぷつぷつと小さな泡がイチゴをおおって煮詰まってきます。

つややかでなめらかなイチゴジャム。

おたまですくって傾けると、とぷんとゆっくり落ちていきます。

イチゴジャム

冷めたてをさっそく味見。

口いっぱいに広がる甘みと自然な酸味がたまりませんね。

てんさい糖を使ったので、少し色がこくなりましたが、

とっても美味しくできました。

これからは毎年イチゴジャムを作ろうと思います。

嘉祥の日 ( 和菓子の日 )

この日に和菓子を食べると災いをはらい、福を呼ぶとされています。

平安時代の嘉祥(かじょう)元年のこの日に、疫病払いと健康招福を願って

16個のお菓子やお餅などを神前にお供えして食べた、

「嘉祥の祝い」が始まりといわれています。

 

江戸時代には、この日、「嘉祥頂戴」と称し、主君が家臣にお菓子を賜る行事が行われました。

白木の片木の上に青杉の葉を敷き、その上に、饅頭、羊羹、うづら餅、きんとん、

白団子、干麩、のし餅などのお菓子を積み、一人一個ずつ取らせたといわれています。

民間においても、「嘉祥喰」といって十六文でお菓子やお餅を買って食べるしきたりが

広まっていきました。

 

また、この夜に十六歳の袖止めをする「嘉祥縫」という風習があったほか、

6月16日に採った梅の実でつくった梅干しを旅立ちの日に食べると

災難をのがれるという言い伝えがあり、「嘉祥の梅」といいました。

現在の和菓子の日は1979年(昭和54年)に全国和菓子協会により設定されました。

 

和菓子といえば小豆ですが、今年は初めて小豆の栽培に挑戦しています。

1週間前に植えた小豆の種が一斉に芽を出しました。

順調に育てば秋に収穫できる予定です。

この小豆で冬至に南瓜のいとこ煮を、お正月にぜんざいを、

小正月に小豆粥をつくるのがささやかな夢です。

たくさん採れるといいなぁと思います。

小豆の芽

 

七十二候 ・ 第二十七候 「 梅子黄 ( うめのみきばむ ) 」

青々と大きく実った梅の実は、この頃になると黄色く色づき始めます。

梅の実が熟す頃に降る雨、ということから「梅雨」になったとも言われ、

梅雨時である陰暦5月を「梅の色月」と美しく言い表した言葉も残っています。

 

梅は、古くから日本人になじみ深い植物ですが、もともとは花よりもその実が万病に効くとされ、

奈良時代に薬用植物として中国から伝わったといいます。

じめじめとした梅雨に入り、身体の免疫力が落ちるこの時期、

クエン酸が豊富で疲労回復、食欲増進の作用がある梅干しは、

古くから重宝されてきました。

殺菌作用も強いので食中毒の予防にも役立ちます。

 

収穫された梅の実は、梅干しや梅酒、梅シロップや梅ジャムなど

保存食として幅広く利用されています。

梅酒用には、まだ青く熟す前のかたい梅が、梅干しや梅酢用なら、

完熟してちょっと黄色くなったくらいのものがよいそうです。

 

また、梅はそのままでは食用に適さないので、干す、煮るなどの調理をして食用にします。

「梅は食うとも核食うな、中に天神寝てござる」

これは、生梅のたねには毒があるから食べてはいけないという戒めで、

天神は梅に縁の深い菅原道真を指しています。

ユニークな発想ですね。

ほたる祭り

あまり聞き慣れないですが、「ホタル前線」という言葉があります。

桜の花前線と同じように、日本列島を南から北へ進んでいき、

九州、四国などの早い地域では5月の中旬から蛍が現れ始めます。

6月に入ると本州の大部分で、7月になると東北や北海道でも見られるようになります。

 

今日は辰野町のほたる祭りに行ってきました。

長野県・辰野町にある松尾峡は、明治時代から知られている蛍の名所で、

数多くの蛍が見られることで有名です。

今日はほたる祭りの初日ということもあり、本当に人がたくさん。

提灯で照らされた細い夜道を大勢で並んで歩いて行くのは、なにか不思議な感じでした。

 

すーっと舞う蛍が清らかな水辺に映る姿は、幻想的でどこか浮世離れした美しさです。

ホタルの語源は、「火垂る」「火照る」「星垂る」など諸説ありますが、

いずれも光るものを指しています。

草が茂った水辺では、多くの蛍がやわらかい光を放っていました。

一方、その真後ろの池にはまるで姿が見えません。

七十二候の第二十六候は「腐草為蛍(くされたるくさ、ほたるとなる)」。

古の人々が、腐った草や竹の根が蛍に生まれ変わると表現したのも、分かる気がしました。

 

蛍が出やすい日の条件というものがあります。

多く現れるのは、月明かりも風もない、曇りの日で、蒸し暑い静かな夜。

気温も湿度も高い、ちょっと蒸すような夜によく飛びかいます。

そして、蛍は日没後1~2時間、いわゆる宵のうちに最も多く飛び回るので、

ちょうど午後8時から9時頃が見ごろの時間帯といわれています。

 

今日はハッとするような明るい十六夜の月でした。

そんな意味ではホタル観賞には不向きだったかもしれませんが、

水面に映る月もなかなかよいものでした。

七十二候 ・ 第二十六候 「 腐草為蛍 ( くされたるくさほたるとなる ) 」

草の中から蛍が舞い、明りを灯しながら飛び交う頃となりました。

古くは、暑さに蒸れて腐った草や竹の根が、蛍になると信じられていたそうです。

水辺や野の暗がりに浮かんでは消える蛍の光は、まさに夏の風物詩。

夏の夜を幻想的に照らし出してくれます。

 

「夏は夜。月のころはさらなり。やみもなほ、蛍の多く飛びちがひたる。

また、 ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。」

これは枕草子『春はあけぼの』に登場する有名な一節です。

 

夏は夜が趣深い。月が出ている夜はもちろんのこと、

闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている様子も良い。

また、それらがただ一つ二つと、ほのかに光って飛んでいるのも良い。

夜に雨が降るのも趣があって良いと綴っています。

短い一節ですが、閑雅な光景が浮かんできますね。

蛍が放つ淡い光は「蛍火」と呼ばれ、夏の季語にもなっています。

 

「蛍二十日に蝉三日」

これは旬の時期が短いことの例えです。

蛍は、活動や産卵のための栄養は、幼虫の時にためてあった養分と水だけで補うため、

成虫でいられる期間はわずか2週間ほどです。

この間に雄と雌はお互いに光を発しながら相手を探し、次の世代を残します。

今年見る蛍は、去年見た蛍の子供たちなのです。

蛍の寿命は一年間という短いものですが、命の光は世代を越え、脈々と繋がっていきます。