「遊楽の印・和 (ゆらのいん・のどみ)」遊び方いろいろ

先日、取り扱いをはじめたばかりの福岡県の老舗はんこやさん・九甘堂の
「遊楽の印・和(ゆらのいん・のどみ)」。

「遊楽の印・和」は、”おとなが楽しめる遊び道具”をつくりたくて生まれた
九甘堂のオリジナル遊印です。

そんな「遊楽の印・和」の”遊び方”の一例を、ご紹介致します🖊

続きを読む

七十二候・第十六候 「葭始生 (あしはじめてしょうず)」 4/20~4/24

七十二候が穀雨の初候に変わりました。

だんだんと暖かくなり、野山だけでなく、水辺の葭も芽を吹きはじめる季節です。

葦 (アシ)

葦(あし)は「葭/蘆」とも書き、また「悪(あ)し」に通じることから、
「善(よ)し」とも読まれます。

これは、日本独自の言霊思想に基づく忌み言葉のひとつです。

続きを読む

二十四節気 「穀雨 (こくう)」 4/20~5/4

二十四節気が清明から穀雨へと変わり、
穀物に実りをもたらす雨がしっとりと降りそそぐ頃となりました。

穀雨の頃は、茶摘みが始まるお茶農家や、苗代を仕込む米農家にとって大事な時季です。
春の柔らかな雨に大地は潤い、新芽や若葉はぐんぐん育っていきます。

若葉萌える新緑の季節、木々の緑も雨上がりは一層色鮮やかです。

穀雨 2017

続きを読む

七十二候・第十四候 「鴻雁北 (こうがんかえる)」 4/10~4/14

七十二候が清明の次候に変わり、冬鳥の雁が北へ帰って行く頃となりました。

ツバメの渡来とは入れ替わりに、冬を日本で過ごした雁が北のシベリアへと帰っていきます。

鴻雁とは渡り鳥の「がん」のことですが、「鴻」は「ひしくい」と読み大形のがんを、
「雁」は小形のがんを指しています。

雁(がん)の群れ

続きを読む

七十二候・第十三候 「玄鳥至 (つばめきたる)」 4/4~4/8

七十二候が清明の初候に変わり、夏鳥のツバメが渡来する頃となりました。

「玄鳥(げんちょう)」とはツバメの異名で、黒い鳥という意味です。

冬を暖かい東南アジアで過ごしたツバメたちは、
繁殖の為、春になるとはるばる海を渡って日本にやってきます。

ツバメが飛来してきたら、本格的な農耕シーズンの始まりです。

つばめ

続きを読む